月額料の安さでおなじみ格安スマホは、メリット以外にデメリットがります。

そして格安の安さで契約しても、その後後悔する人もいたりします。

格安スマホbのデメリットですが、キャリアから格安に乗り換えれば、これまでつかってたキャリアメールという割れてるアドレス使えなくなり、これはキャリア目性など入ったものです。

そして、長年同じキャリア使ってるユーザーはメインのアドレスとして利用してる人もいるでしょうが、格安にすればつかえなくなると困ることが増えて来ます。

キャリアメール対策で、2つの手段があり、キャリア契約残す方法。

gmailに乗り換える方法です。

そしてメールアドレス残すのにキャリアの契約はそのままにして、ネットは格安simで利用し亜mす。

プランはメールアドレス維持のため接続サービスは残してく必要があり注意しましょう。

そして、基本契約のこした状況でキャリアid取得して、それを利用してネットメールを利用可能という手段ですが、契約のこる分維持費用がかかり、あまり進められません。

そしてグーグル者が無料提供してるメールサービスのgmailに乗り換えることがおすすめで、ドコモメールなど必要なのだけパックアップして、無料メールに乗り換えたほうが将来的に効率がいいです。

そして、格安simは大手キャリアみたいにたくさんのショップで展開してる訳ではなくて、ショップに行って質問してみるなどがしにくいこともデメリットですが、最近事業者により都市圏中心にショップ増えていて、提供側も対策をしています。

そして、実店舗などにショップもつmvnoと契約して、こうしたことは解決できます。

そして従来ショップもつmvnoは少ない傾向でしたが、最近増えてキャリアのころショップ利用してた方はショップにあるmvnoを選んでください。

そして楽天モバイルは楽天モバイルショップ全国設置していて、こちらでは大手キャリアのショップ同様機種触ってためせたり、即日でmnp開通も対応していて、とても便利です。

そして、イオンモバイルなどは全国イオン、tsutayaでサポート受けられて、そばにショップなくても最寄り施設に行けばいいです。

そしてmvno独自ショップと同様専門スタッフが質問答えてくれて、店舗によりスマホ実機用意してることもあり、最寄りイオンなどでチェックしてみてください。

そして、格安sim提供のmvnoも無線lanスポット提供していて、有料オプションは楽天モバイルなど提供しています。