色々と使い倒して落ち着いたノマドの私の格安モバイルライフ

私は1年の半分は東南アジアでノマドライターをして残りの半分は日本でサイト運営などをして暮らしていますのでインターネット回線やスマートフォンの回線に関しては一定の契約をずっと続けるということができないためにYouTubeがストレスなく視聴できる程度の速度の回線を求めていつもさまよっているような状態です。

スマートフォンに関しては最近日本でも注目されだしたwikoというフランスのメーカーのsunny2というエントリーモデルを使っています。

これは、タイのチェンマイという観光地で暮らしていた時に日本から持って行ったスマートフォンが壊れてなんでもいいから代わりの安いものをということでタイ人の店員さんの勧めで間に合わせのつもりで買ったのですがこれが大当たりでした。

日本円にして1万円前後で、LTEには対応しておらずメモリーは1Gしかないと言う時代遅れなスペックですがまず、今時の格安スマホにありがちな意味不明なアプリケーションがデフォルトで挿入されているというようなことはないので購入してから1年以上酷使している今でもサクサク動いています。

私の場合は固定回線を使うことがほとんどないので常時、スマホからのテザリングで通信をしているためにメーカーが想定しているような使い方をはるかに超えているらしくだいたい1年ぐらいでスマホを使い潰してきました。

私自身としてもwi-fiルーターのような使い方をしながらもちろんYouTubeの視聴やLINEのやり取りなどにも使っていますので1年位で消耗することには納得していたのですがこのwiko製品に出会ってからは考えが変わりました。

もしかすると格安スマホが壊れやすいのは作りが安っぽいからではなくて最初から色々仕込まれている謎のアプリ達に原因があるのではないかと思い始めています。

その点はこのwikoのsunnyシリーズや日本でも販売されているtommyシリーズは購入して渡された時に寂しくなるくらい無駄なアプリが入っていませんので安心です。

ちなみにsunnyシリーズは発展途上国販売向けの1万円前後の商品ですがtommyシリーズは日本でも販売されていて1万5000円前後と少しお高くなりますがそのぶんLTEに対応していて、メモリーも2倍の2Gになっていますので私自身は次に買い換える時はtommyシリーズにしようと思っています。

購入した当初にwikoについて色々と知りたくなって検索してみたのですが、これといって目立ったメリットもデメリットもインターネット上には少なかったです。

1年以上使った今となってはその意味が分かるのですが普通のセカンドスマホのような使い方をしている人の場合はwiko製品の場合は特に褒めるところも貶すところもないのですよね。

でも、私のようにこれ一台でテザリングにも動画視聴などにも使うなどという変わった使い方をする人にはとてもありがたいですし価格がお安いですから壊れるのを覚悟でシャワーに持ち込んだり直射日光バリバリの海辺でBGMをかけるのに使ったりとハードな使い方にも耐えてくれていますし製品ごとの個体差の当たり外れというのもあるかもしれませんがwikoに出会う前に使った何台かの格安スマホは今更使う気にはなれませんね。

wikoはフランスの会社なのですが私が使った格安スマホの中では間違いなくナンバーワンの質実剛健さです。

ZenFone3を購入したわけとその使用感

私は現在格安のSIMフリースマートフォン”ZenFone3”を使っています。

以前はキャリアで購入したものを使っていたのですが、それを落としてしまい、画面が割れてしまったので新たなものを買わなくてはいけなくなりました。

その際すでに格安SIMへ切り替えていたので、SIMフリースマートフォンを買うのが1番安くて余計な手間がかからないと思い、購入を決めました。
何を買うか決める時、スペックや価格で悩みました。

それまでハイエンドモデルのスマートフォンを使っていたため、ミッドレンジの本機をストレスなく使っていけるか不安がありました。

しかし、やはり価格の安さは魅力的で、口コミを見ても評判が良かったため、こちらを選択しました。
他にもいくつか決め手になった理由があります。

一つはAndroid8.0へのアップデートです。

少し前のモデルの機種で、価格が抑えられているにもかかわらず、Androidのアップデート対象に入っているとのことで、今後の使用に問題はないかなと思いました。

また、アマゾン限定でメモリを多く積んだ機種も販売されていたため、同じく数年は使えるだろうと判断しました。
購入後は、前述したように、格安SIMを入れてメインの電話機として使っています。

通話、ライン、インターネット、動画視聴、カメラが主な使い道です。

動作はサクサクしておりなんのストレスもなく使えております。
ただ、最初からわかっていたことではあるのですが、防水でない点とFelicaに対応していない点は、少し残念でした。

前に使っていたものが防水仕様だったので、どうしても癖が抜けず、濡れるのを気にせず使ってしまい、焦って拭くということを繰り返しています。

Felicaに対応していない点は電子マネーカードを持ち歩くようにして代用しておりますが、財布に入れなければならないカードが1枚増えるのは地味にストレスです。
他、カメラが思った以上に綺麗に撮れる点が気に入っています。

趣味で旅行によく行くので、風景を撮るので大活躍しています。

外付けでSDカードも入れられるため、容量にも不満はなく、写真・動画を撮っても満杯になることはありません。

以前はコンパクトデジタルカメラを持ち歩いていたのですが、今はスマートフォンだけで十分になりました。

荷物が一つ減った点が地味に嬉しいです。

インカメラの性能も申し分なく、自撮りも綺麗に撮れます。
また、接続がUSB TYPE-Cだという点も気に入っています。

上下気にせずつけることが出来るのはストレスフリーです。
このように非常にコスパのいい製品ですので、スマートフォン本体にあまりお金はかけたくないけど、そこそこのスペックのものが欲しい人にはおすすめです。

多くの人の使い道であるラインやインターネット、カメラは満足できるレベルで使えてこの価格帯であれば大きな不満は無いと思います。

またau系の回線にも対応していますので、現在au系の回線を持っていて、変更するつもりがない人にもおすすめです。
逆に高スペックを必要とするゲームをプレイしたい方にはおすすめできません。

価格を抑えたミッドレンジのスマートフォンなので、そこまでは望めません。

また、防水機能やFelicaを使いたい人にもおすすめ出来ません。

こればかりは機械的に搭載されていない機能なのでとうにもなりません。

また、iPhoneなどのメジャーな機種に比べて、フィルムやカバーといったアクセサリー類がそこまで充実していません。

そこにこだわりがある人は選択しないほうが無難かと思います。

すでに型遅れの機種ではありますが、まだまだ十分な機能を持っていますので、バッテリーがへたるまでは使い続けたいと思っています。

ショップに行って質問したりする

月額料の安さでおなじみ格安スマホは、メリット以外にデメリットがります。

そして格安の安さで契約しても、その後後悔する人もいたりします。

格安スマホbのデメリットですが、キャリアから格安に乗り換えれば、これまでつかってたキャリアメールという割れてるアドレス使えなくなり、これはキャリア目性など入ったものです。

そして、長年同じキャリア使ってるユーザーはメインのアドレスとして利用してる人もいるでしょうが、格安にすればつかえなくなると困ることが増えて来ます。

キャリアメール対策で、2つの手段があり、キャリア契約残す方法。

gmailに乗り換える方法です。

そしてメールアドレス残すのにキャリアの契約はそのままにして、ネットは格安simで利用し亜mす。

プランはメールアドレス維持のため接続サービスは残してく必要があり注意しましょう。

そして、基本契約のこした状況でキャリアid取得して、それを利用してネットメールを利用可能という手段ですが、契約のこる分維持費用がかかり、あまり進められません。

そしてグーグル者が無料提供してるメールサービスのgmailに乗り換えることがおすすめで、ドコモメールなど必要なのだけパックアップして、無料メールに乗り換えたほうが将来的に効率がいいです。

そして、格安simは大手キャリアみたいにたくさんのショップで展開してる訳ではなくて、ショップに行って質問してみるなどがしにくいこともデメリットですが、最近事業者により都市圏中心にショップ増えていて、提供側も対策をしています。

そして、実店舗などにショップもつmvnoと契約して、こうしたことは解決できます。

そして従来ショップもつmvnoは少ない傾向でしたが、最近増えてキャリアのころショップ利用してた方はショップにあるmvnoを選んでください。

そして楽天モバイルは楽天モバイルショップ全国設置していて、こちらでは大手キャリアのショップ同様機種触ってためせたり、即日でmnp開通も対応していて、とても便利です。

そして、イオンモバイルなどは全国イオン、tsutayaでサポート受けられて、そばにショップなくても最寄り施設に行けばいいです。

そしてmvno独自ショップと同様専門スタッフが質問答えてくれて、店舗によりスマホ実機用意してることもあり、最寄りイオンなどでチェックしてみてください。

そして、格安sim提供のmvnoも無線lanスポット提供していて、有料オプションは楽天モバイルなど提供しています。

格安スマホはスマホ慣れしている人向き

毎月の携帯の電話料金を見て、何故こんなに使用料が高いのだろうと首をかしげる人もいるでしょう。

比較的安い基本料金のプランを選んでも、その他のサポート料、オプションで気が付けば結構な額になっているということは多いです。

そしてそれらのサポートが本当に自分にとって必要なものであればそのまま使い続けても良いでしょうが、一つ一つ調べてみて、自分には不要だと思うものであれば解約するなり、基本料金そのものがかなり安い格安スマホに切り替えても良いでしょう。

スマホは途中解約すると高額な解約料金がかかってしまうことが多いですが、これからも何年も使い続けるのであれば、長い目で見て解約して格安スマホに買い替えたほうが結局はお得だということも多いです。

実際格安スマホにして毎月のは使用料金が半額以下になったという人は少なくありません。

自分だけでなく家族で使うのであれば、その額はさらに大きく、かなりお得な選択になるとも言えます。

けれど格安スマホにもメリット、デメリットがあります。

格安スマホのメリット・デメリットは何?キャリアとの比較

メリットは何と言っても料金の安さでしょう。

普段あまり使わない人であればなおさら、料金を一番に抑えたいでしょうからおすすめです。

ですが注意したいのはデメリットです。

格安スマホにすることによって、今まで当然のように使えていたサービスが使えなくなることも多いです。

特にスマホの調子が悪くなった時、自分でどうしても解決できないのであれば、近くのショップに行って販売員に相談することもできるでしょう。

ですが格安スマホの場合は相談できるショップがないので、すべて自分で解決しなければなりません。

そして万が一故障ということになると大変です。

ショップがあれば修理に出している間、変わりのスマホを貸してもらえるものですが、そうしたサービスもありません。

なので格安スマホは格安な分、手厚いサポート、困った時にあると便利なサービスは受けられないのだととらえたほうが良いです。

スマホの故障原因は様々で、簡単に治るものから、少ししか使用していなくても治らないものもあります。

こうした時、また買い替えで対応する人も多いので、サポートや修理に手厚いサービスが受けられなくても良いと考える人もいますが、それでもやはり初心者はサポートがないと不安にもなります。

ですから格安スマホは安くて良いですが、ある程度スマホの扱いになれていて、料金優先で考えたいという人におすすめの製品ともいえるでしょう。

格安スマホにしてたすかりました。

数年前、softbankのガラケーを使用していました。

今まで携帯本体や通信費は出来るだけ安くシンプルに使いたい方でしたので、携帯電話をお金を出して購入したことがなく、本体価格0円の携帯をはしごしてきました。
ガラケーでも不足感は感じていませんでしたが、2年間は安く使えても、それ以降は料金が高くなるので、2年縛りの契約更新期間に合わせてスマホにしようか検討しはじめました。

大手3社にパンフレットをもらいに行って説明を聞いても、各社どうしても毎月最低6000円以上はかかる。(当時)と言われてしまいました。

ちなみに当時の我が家のガラケーに毎月いくらかかっていたかと言うと、だいたい1300円弱(!!)安すぎますか?
なかなかスマホに変える勇気はありませんでした。

でも、子供のPTAやスポ少、子供会の連絡がほぼラインになりつつある時代、ほかのママさんに迷惑がかかってしまうので、スマホで安いものをさがしていました。

いろいろ考えた挙句、選んだのは「楽天モバイル」の格安スマホ。

高速通信や電話かけ放題とかは最初はいらないと思い最安の料金プランにはいりました。

月々だいたい1350円です。

通信はノロノロですが、特に変えようとも思っていません。

通話はラインの無料電話で済ませているので、ほぼ毎月同じくらいの料金です。

結局ガラケー時代とほぼ同じ料金ですが使い勝手は格段によくなりました。

格安スマホは自分でいろいろ手続きをしたりしないといけないので、最初はかなり不安でしたが、楽天モバイルにしたのは、楽天カードを持っていたのと、わりと近くに楽天モバイルのショップがあり、最初だけは店員さんに相談することができて、少しは安心できました。

でも結局は「楽天スーパーセール」で店頭よりも安く携帯本体を購入できたので、自分で申し込みや設定を行いました。

本体も、1万円くらいで購入できたので、よかったです。

これから、子供にも携帯を買ってあげないといけない年頃になってきましたが、格安スマホの料金に慣れてしまうと、今更大手3社の料金は高額すぎて戻ろうとは思えなくなります。

楽天の場合は「楽天ポイント」も支払いに使えるので、期間限定ポイントも余すことなく使いきれてロスになりません。

楽天は最初の1年位は縛りがあったような気もしますが、それ以降は特に縛りはないので、ほかにもっとお得な料金プランの格安スマホを見つけたら変えてもいいかな?と思っています。

格安スマホは最初だけ手続きがおっくうに感じるかもしれないですが、メリットはかなり大きいと思います。